エリア紹介ー清瀬市

個性的な街づくりをしている清瀬市

清瀬市とは水と緑に恵まれた自然環境豊かな場所です。
都内一位の出荷量を誇るにんじんを始め、たくさんの農産物が生産されています。
農産物は積極的に生産をしようという取り組みが進められています。
>>清瀬市役所トップページ-清瀬市

最近では、農業従事者の数が減りつつあります。
これは特に高齢化に伴って農業従事者が引退するケースが増えているためです。
しかしながら、清瀬市では農業従事者が引退しているケースも増えているものの、現役で農業をしている人たちが生産する野菜を増やすことで生産量の維持を目指しています。

このような取り組みをしているのは、清瀬の街に農業を生産している風景を残そうという気持ちがあるためです。
そしてこのような取り組みによって地元の小中学校や農業直売所では地元野菜がたくさん取り扱われています。

また、清瀬市はコンパクトシティとしても有名です。
近隣都市にはない個性があり、多くの医療機関や福祉機関、関係高等教育機関も集まっていますし、程よく田舎と利便性とが整っています。
そのため、生活しやすい地域として子育て世代を中心に集まっています。

都心へのアクセスも便利

清瀬というと多くの人が都内の端っこ、辺鄙な場所という偏見を持っています。
しかし、実際には都内の中心地に意外とアクセスしやすい立地です。

例えば、池袋池までは清瀬から西武池袋線から約30分です。
そのため都内主要駅までほとんど1時間以内で行くことができます。

さらに東京メトロ、都営地下鉄大江戸線、東武東上線、JRといった色々な電車との接続も便利です。
そのため、都内の私立学校に通学しているという学生も多くいます。
このように都内から少し離れて緑豊かな場所でありながらも思い立ったら簡単に都内の中心地に行くことができる便利な地域なのです。

駅の前にはたくさんの飲食店がありますが、決して栄えているとは言えません。
そのため買い物をするためには多くの人が都心に出ています。
特に池袋へのアクセスが良いですから、若い人たちは池袋や新宿に買い物に行くことが多いです。

清瀬市は子育てに理想的な環境

清瀬市では季節の行事もたくさんありますし、年中を通して楽しむことのできる公園も多くあります。
そのため、子育て環境としては素晴らしいものです。

日々の生活の中で自然と四季を感じることができるのは日本ならではのことです。
このような環境でありながら、都心が近いこと、年中行事を楽しむことができることというのは理想的な環境であると言えます。
休日には大きな公園で家族でレジャーも楽しめるので、家族での団欒時間も無理することなく持つことができます。