憩い・癒しのスポットー清瀬市

緑豊かな清瀬市は癒しのスポットがたくさんある

清瀬市は花と緑の公園都市ということを目標として掲げています。
そのため街の中では花が咲いて四季を感じられるように取り組みが進んでいます。
特に市の北部を流れる柳瀬川沿岸では四季折々の花を楽しむことができます。

このような地域であるために、日々の散歩の中でも十分に癒されるものです。
景色を楽しめる場所ですから、多くの人が日頃から散歩をしたり公園に足を運んだりして季節を感じています。
休日にはレジャーとして、お弁当を持って公園に行くという人も多いです。

清瀬市のまちづくり

清瀬市の大きな公園として多くの人が集まるのが清瀬せせらぎ公園です。
この公園ではせせらぎが湧き出しているゾーンと水遊びが楽しめるゾーン、静態保存ゾーンといった場所がありそれぞれの場所で水遊びを楽しむことができます。

この公園では水辺で遊ぶにあたって、小さな子供がいる家庭では水遊びに不安な人もいるものです。
小さな子供は少しの水でも溺れてしまい命を落とす危険があります。
そのため水遊びの経験が少ないという人は不安になるのは当然です。

しかし、このせせらぎ公園では小さな子どもが水遊びをするのでも事故が起きないようにしっかりと整備されています。
せせらぎも深さが5センチメートルから20センチメートルほどであり、さらに散策路に比べて場所が50センチメートルくらい低くなっています。
とは言え、やはり子どもが水遊びをすると何のトラブルが起きるかわからないですから、しっかりと保護者がそばで様子を見ておくことも重要です。

また、公園内では学習管理等があり、野草写真の展示がされています。
そのため展示されている野草の写真を元に、公園内にある野草の観察をして楽しむということも楽しみ方の一つです。

そして、柳瀬川回廊も自然を身近に感じて巡ることができる散策ルートです。
全ての道順が4キロメートルほどなので、日頃から運動不足の人でも運動不足を解消しながら無理なく歩くことができます。

四季によって見ることができる植物が違いますし、生息している生物も違ってきます。
そのため散策をする際には五感を使って四季を感じることができるとても素晴らしい環境です。

歩くのが不安という人はサイクリングで楽しむことができます。
全てのルートを歩かずにゆっくりと動ける範囲で野鳥や野草、昆虫を観察するのも一つの方法です。

また、柳瀬川回廊散策の途中にある清瀬金山緑地公園は約20,000平方メートルという広大な公園です。
たくさんの樹木や木々を見ることができるので、武蔵野の自然が公園内で再現されています。

木々の間には水が流れており、この小川で遊ぶこともできます。
四季の中でも意外なことに最も多くの人が植物観察のために集まるのが、冬の水仙を見に来るために多くの人が訪れるほど人気です。
10万株ものニホンスイセンが咲きそろうというのは日本でもなかなかない絶景です。