特産・名物を楽しむー清瀬市

清瀬は農産物が自慢の地域

東京都でありながら、清瀬氏では農業が盛んです。
都内トップクラスの農業は生産された野菜が小中学校の給食食材として用いられていたり、地元の直売所でも販売されています。

最近では食の安全が叫ばれています。
このような直売所で直接生産者の顔を確認して購入できるというのはとてもありがたいことで地元の直売所は常に多くの人で賑わっています。

また、このような農業風景のある地域を守ろうという運動も盛んです。
どうしても日本国内では高齢者が増えていることで農耕地が減少傾向にあります。
今まで農業の担い手だった人たちが相次いで引退をしているためです。

しかしながら、清瀬市でも同じように農地や農業人口が減少しているものの、できるだけこの状態を維持しようと地元では積極的に農産物を生産続けようと取り組んでいます。
市内の農業がある風景を守ろうという取り組みがされているので、さらにブランド野菜の製造についても積極的に取り組んでいます。

にんじんは東京一の生産量

清瀬は東京で一番にんじんを生産している地域です。
特にブランド嗅がされている清瀬産のベータキャロットは色素が濃くにんじんの芯まで赤いのが特徴です。

ベータカロテンが豊富であるために他のにんじんよりも栄養価が高いです。
甘くてにんじんの臭みも少ないですから、ニンジンが苦手という人でも食べやすいのが特徴です。

そのまま食べることができますし、煮物で食べることももちろん美味しいです。
しかし、ニンジンそのものの美味しさを感じるためにもジュースやサラダといった生で食べ見て欲しいにんじんとなっています。

にんじんが苦手な人は加工品を食べるのもおすすめ

にんじんが名産と聞いても、にんじんが苦手な人はなかなか手が出せないものです。
そこで、もしもにんじんを食べるのが苦手という人は加工品を食べるという方法もあります。

にんじんを使って作っているジャムはにんじんが苦手な人でも食べやすい甘い仕上がりになっています。
りんごやレモンを加えているので、にんじんが苦手な人でも食べられるのです。
そのままトーストに塗って食べるのもおすすめですが、手軽にヨーグルトに混ぜて食べるのもおすすめです。

それ以外にもにんじんを素材とした焼酎もあります。
これは数量限定で市内の酒店で販売されているのでレアなお土産としても人気です。