空港まで快適にアクセスが出来るリムジンバスのサービス

羽田空港までのアクセス

羽田空港というのは国内外の色々な場所に行くことのできる日本の中でも大規模な空港ですから毎日たくさんの人が訪れます。
そのため電車、バス、車、モノレールというようにアクセスする手段も豊富です。

しかし、このような色々なアクセス方法の中で是非利用したいのがリムジンバスです。
バスに乗った経験のない人は電車の方が安いし時間が確実で安心と思うものですが、一度乗るとバスの便利さは忘れられないものであり、多くの人がバスのリピーターになります。
そこでここではリムジンバスのメリットを紹介していきます。

リムジンバスとは

羽田空港や成田空港に向かうリムジンバスというのは、基本的にどこかの街(電車やバスの大きな駅)から羽田空港や成田空港まで直通運転されているバスです。
毎日両空港に1200便ものバスが運行されていると言われており、東京都内や神奈川県内、千葉県内の大きめの駅ならば羽田空港行きは10分おき、20分おきには空港に向けて運行していることが多いです。
このバスはこれだけ多く運行していると利益が出ないのではないかと心配する人やかなりの費用を取られるのではないかと思われますが、距離によって違いますが多くの場合1000円ほどで電車よりも1割から2割ほど高い値段となっています。

少し割高であること、場合によっては電車よりも移動時間がかかるものであったとしても、バスを利用するのはその便利さが理由です。
リムジンバスに乗ると、目的地の空港まで直行してくれます。
空港に着けば万が一寝ていたとしても起こしてもらえるので寝過ごすことがありません。

多くの場合旅行や出張で空港に向かうという時には仕事が立て込んでいたり準備が忙しかったりするために寝不足で空港に向かうことが多いです。
そのため到着まで寝ていられるというのはとてもありがたいことです。

次に座席が確保されているということがあります。
電車の場合には必ず乗ることができますが満員電車ということもあります。
座席に座ることができなければ大きな荷物を抱えて空港まで立っていなければなりません。

それに対してバスは補助座席まで出せばほとんどの場合座ることができますし、万が一乗れなかったとしても次のバスには乗れます。
座って空港まで行くことができるのは体力も消費することなくとても助かるものです。

特にリムジンバスの場合、東京神奈川、千葉といった空港に近い場所からならホテルから直行便のバスが出ています。
ホテルから空港まで電車であれば駅まで歩いて、さらに電車内で立ってとかなりの時間経っていることが必要です。
バスならばフロントまで荷物を持ってくれば、そのあとは座ったまま空港まで行くことができるのでとても便利で楽な移動ができます。

高いと思ったら割引チケットを探す

高速バスは高いと思われがちですが、電車と異なりリーズナブルに乗ることのできるプランが色々とあります。
学割であったり、年齢制限のあるチケットであったり、深夜割引チケットであったりと色々な種類の割引チケットがあるのです。
そのため、少しチケットが高いと思ったら割引価格で乗れる方法を探してみましょう。