エリア紹介ー新宿区

魅力的な街、新宿

地方に住んでいて、テレビのイメージだけを持っているという人は新宿に対して怖いというイメージを持っている人も少なくありません。
やはり派手な繁華街や高層ビル、雑居ビルが立ち並ぶ地域、歓楽街というものを見ると少し怖い印象を抱いてしまうものです。
しかし、新宿というのはすごく魅力的な街です。

一つの街で、ショッピング、文化、娯楽、自然、スポーツとあらゆるジャンルのものを楽しむことができます。
首都である東京の真ん中の場所でこんなに豊富なものを楽しめるというのは世界でも稀な存在です。

未だに昔ながらの江戸情緒を残す地域や昔からの和菓子屋日本料理、お茶を楽しむことができる施設もあります。
それ以外にも博物館や美術館、神社、能楽堂といった施設もあり、その幅は多岐に渡るのです。

新宿ってどんな街

新宿というと、多くの人がいるイメージを持たれています。
実際に新宿区は18.22㎢のところに338488人もの人が住んでいます。
さらにそのうち外国人は4万人にも登ります。
>>新宿区ホーム

そのような新宿区は日本の首都東京との特別区の一つであり、都庁がある場所でもあります。
都内の特別区23区の中でもほぼ中央に位置している場所です。

このように東京の中心地であるために、多くの場所からのアクセスがしやすい場所になっています。
羽田空港や成田空港、東京駅、という場所までアクセスする方法として電車とバスとがあります。
もしも新宿に宿泊をしているという場合、大きいホテルであればバスの発着駅となっており、空港や東京駅まで直通バスが出ているという場所もありますからそういったものを利用すると便利です。

新宿のエリア

新宿区は5つのエリアに分けることができます。
まずは駅周辺の最新文化と伝統文化とが共存するエリアです。
この新宿駅周辺は世界一の乗降客を誇る東京駅、超高層ビルが乱立するビジネス街、個性的な飲食店の街並み、というようにひとつの場所でたくさんの東京の姿が見れます。

さらに面白いのが、そこから少し歩くと一気に景色が変わり、新宿御苑のような庭園を見ることもできます。
その周辺には神社仏閣も見ることができ、一つの場所で江戸から東京の移り変わりを感じることができる場所なのです。

江戸の歴史や文化を感じたいという場合には四谷エリアがオススメです。
四谷は江戸城建設時に見附門が配置された場所です。
現在も歯石がたくさん残っていますし、桜並木や迎賓館といった景色を楽しむことができます。

明治大正時代の繁華街の面影が残るのが神楽坂です。
坂の多い街並みや石畳、三味線の音が聞こえる道というのはかつての江戸情緒を感じられるとして外国人観光客にも人気です。

学生文化を感じたり国際文化が感じられたりするのが高田馬場・早稲田・大久保エリアです。
早稲田や高田馬場は多くの学校が並んでおり、学生街として賑わっていますし、大久保は韓国文化が流行しています。
色々な文化を一つの場所で楽しめる面白いエリアです。

最後に文化人が愛した地域として落合があります。
大正時代高級住宅地であったため静かな環境と芸術家や文化人が生活した名残が残っている地域でもあります。