映画を楽しむー新宿区

実は映画の街、新宿

新宿というと歓楽街というイメージが強くあります。
夜遅くまで飲んだり、友人と買い物をしたりというために新宿に来るという人も多いです。
最近では外国人が横丁を楽しむために来るということも増えています。

しかし、そのような新宿で最近新たな動きが出ています。
それが映画の街としての取り組みです。
実は新宿には映画館が多くあり、世界有数のエンターテイメントの街にふさわしい幅広いジャンルの映画を鑑賞できる場所となっています。

充実のシネコン

映画館といえば最近ではシネマコンプレックスと言われる大型施設が増えています。
このような施設であればスクリーンが大きく常にたくさんの映画が公開されているため、見たい映画がなくても映画館に行けばタイミングよく映画が見られるというほど充実したスクリーン数です。

そして、このようなシネマコンプレックスの特徴として色々なシートがあります。
カップルで楽しむことができるシートやゆったり座れるサイズ大きめなシート、それ以外にもフード類も充実して居ます。

中には完全プライベートで映画を楽しむことができるプラチナシートを完備しているという映画館もあり、楽しみ方はどんどんと広がっている状況です。
特に情報発信地である新宿はより最先端な映画館がどんどん誕生して居ます。
最近の映画館はファッションやアートも一緒に楽しめるように、空間デザインも素晴らしいものが多いです。

昔ながらのミニシアター

映画といえば昔ながらのミニシアターです。
ミニシアターの魅力といえば、常に新作が見られるわけではなく、マイナーな映画や旧作の上映といったこともして居ます。

ミニシアターと聞くと狭くて汚い印象を持たれがちですが決してそのようなことはありません。
女性一人でも十分に映画館に入って映画を楽しめるような新たなリノベーションされている映画館も多くあります。

映画館によって取り扱っている映画の種類が豊富なのも魅力です。
アジア映画や韓国映画を中心に取り扱っていたり、音楽映画を取り扱って居たりと普段の映画館では見られないような映画を上映しているというシアターも多くあります。
このような知る人ぞ知るミニシアターはコアなファンが多くおり、実は全国から映画館に脚を運ぶ人もいるのです。

最近ではレンタルDVDも手軽に借りられますし、自宅でもホームシアターや音響設備が整っているところも多いです。
そのため映画館に行く必要がないと思っている人もいます。
しかし映画館で観るからこそ感じ方が違うものもたくさんありますから、ぜひミニシアターにも足を運んでみましょう。