立川市公式ホームページ

エリア紹介ー立川市

立川市はどんなところか

立川市公式ホームページ
引用元URL:立川市公式ホームページ(https://www.city.tachikawa.lg.jp/)

立川市というのは東京の端にあると勘違いされることがありますが、西寄りではありますが。実際にはほぼ中央にあります。
多摩地域の中心部分として、平坦な地域に商業施設や大きな公園、行政機関といったものが広がっています。

>>立川市公式ホームページ

豊かな自然と駅前の商業施設の豊富さから生活しやすい地域として人気です。
特に子育て世帯には保育園環境や育児環境の良さが理由で人気を集めています。

緑豊かな地域

立川駅エリアは23区外ではあるものの十分に栄えており最低限の買い物は揃う場所になっています。
大型家電量販店もありますし、百貨店もあるので23区内まで出なくても大体のことは事足ります。

その世な地域であり、なおかつ日頃から生活用品の購入をするホームセンターやスーパーマーケットも多いために生活にはとても便利です。
スーパーも高級系スーパーから普段使いのスーパーまであるので使い分けることもできます。

それでいて大きな公園や自然豊かな場所がたくさんあるというのが立川の特徴です。
子供達や犬を連れて思う存分走り回ることができる公園がありますし、見学施設も充実しています。
程よく都会、程よく田舎という場所に住みたい人には適切な場所であると言えます。

治安や電車の問題

立川に住むにあたって問題として挙げられるのが治安の悪さと電車での通勤通学の不便さです。
確かに緑の多い地域も多いので、暗く感じる場所もあり治安が悪く思われてしまうことがあります。
極力安全な道を歩いたり、暗くない道を歩いたりということを意識すれば十分対応できます。

また、中央線を利用するために渋谷新宿までの移動は楽です。
新宿までは中央線快速で40分ですから、だいたいのオフィスには電車で1時間ほどで行くことができます。
ただし、渋谷や新宿といった場所にアクセスしやすい路線であるためにラッシュ時にはかなり混雑します。

行き帰りには満員電車に揺られるということは当然のことであり、空いている電車での通勤通学をするとなれば、下り方面である八王子や高尾方面の通勤しかありません。
南武線も武蔵小杉まで混雑しているので、基本的に通勤通学は満員電車であることを覚悟しておきましょう。

生活しやすい地域でありながら東京の中心まで1時間以内で行くことができるとなれば、やはり多くの人が魅力的に感じるものです。
そのため住んでいる人は多くなりますし、それに伴って混雑率は高くなるのは致し方がありません。