立川鎮座 諏訪神社のキャプチャ画像

名所・文化を楽しむー立川市

立川は魅力的な場所がたくさんある

立川は東京都内でも住みたい街として人気のエリアの一つです。
東京都内に近く、程よく都会でありつつも自然豊かでレジャーを楽しむこともできます。

子育て環境としてはとてもよく、保育サービスも充実しています。
さらに、環境の良い場所が多いですし、23区内に比べると戸建ての購入もしやすいということで、子育てをするために立川エリアに引っ越しを検討するという人も多いです。

立川市の名所

立川市は自然に恵まれた土地であり、たくさんの名所があります。
そのため日頃から散歩をして楽しむことができます。

国指定の史跡として有名なのが玉川上水です。
上水は全長43キロメートルにも及ぶもので、1654年に完成しています。
完成後間も無く砂川分水がひかれて新田開発にも貢献した場所です。

通船事業も始まったのですが1年ほどで止まってしまいます。
これによって中央線が建設されることになったのです。

地元に愛されている諏訪神社

立川鎮座 諏訪神社のキャプチャ画像
引用元URL:諏訪神社 立川鎮座(http://suwajinja.or.jp/)

お諏訪様と呼ばれ多くの人に親しまれている地元の神社です。
現在の社殿は平成14年に再建された新しいものになっています。
これは平成6年に火災で焼失してしまったためです。

諏訪神社は火災で焼失するまでは市内最大級の木造建造物でした。
そのため燃えた時には多くの人が悲しみました。

一年の中でも最も盛り上がるのは8月下旬です。
獅子舞や相撲が奉納される賑やか催事があり、この時が一番盛り上がります。

季節を楽しむなら詩歌の道

根川緑道は詩歌の道と言われている道です。
春は桜、夏は水辺と言うように年中を通して季節を楽しむことができるスポットであるため、多くの人が散歩しています。

緑道沿いには立川にゆかりのある人たちの詩歌の石碑が建立されています。
これが詩歌の道の所以です。
ただ散策をして季節を感じるだけでなく文化を感じることもできます。

一年を通じてイベントも豊富

季節を感じることができるイベントも多く行われるのも魅力です。
夏には立川まつりといって、国営の昭和記念公園で花火が上がる大きなお祭りがあります。
これは特に地域の人たちにも好評なお祭りで毎年多くの人が集まります。

それ以外にも四季を通して色々なイベントがあります。
このようなイベントに参加することでも文化や歴史を感じることができます。