立川市ならではのお土産

立川の名物はあるのか

立川に出かけるということがあっても、国営昭和記念公園に遊びにいって散策をしたり、商業施設に足を運んだりということがほとんどです。
そのため都内の人や近県に住んでいる人というのは立川の名物が何かを知らないという人が多くいます。

もちろん立川にも名物となるものがあります。
そのため地元の人たちはご挨拶として手土産に地元銘菓を持っていくことが多いです。

立川銘菓として持ち寄られるもの

立川は全国有数のうどの産地として知られています。
旬は毎年12月から4月です。

うどはあまり食べる経験がないために調理方法や味のイメージがわかないという人もいます。
しかし、食べてみると癖があまりなく、みずみずしい食感が特徴の立川のうどは色々な野菜とも相性抜群です。
そのため、普通に食事の中に取り入れやすい食材でもあります。

うど以外には小松菜、トマト、キャベツ、ブルーベリーといったものは生産が盛んで名産物と言える農産物です。
特に小松菜は通年通してほぼ全ての時期で栽培がされているので有名な農産物としてあげることができます。

うどの加工食品

うどはそのまま食べることができますが、それ以外にも地元銘菓として加工された食品が販売されています。
どれも食べやすいものが多いので、うどを食べたことがないという人でも食べやすいものです。

やな瀬のうどパイやうど羊かん、信濃屋のうどセットは人気の商品です。
うどセットにはせんべい、あられ、羊かんが入っている和のメニューとなっています。
パイはアレルギーの心配があるので小さい子どものいる家庭では持っていってよいか悩みますが羊かんはアレルギーで食べられないということはあまりないのでお土産として持って行きやすいです。

また、立川の名産としてお茶もあります。
そのため、お土産としてお茶とおせんべい、羊かんを一緒に持っていくというのもオススメです。

若い子がいる家庭へのお土産で洋菓子が良いという場合には、洋菓子のプルミエールの五日市街道 けやき並木のリーフパイ、エミリーフローゲの詩歌の道というフィナンシェセットといったものがオススメです。
立川伊勢谷製菓の五路・立川のフルーツゼリーも食べやすくてオススメの商品です。